式での結婚指輪を付けるタイミング

結婚式で指輪を交換するタイミングは?

基本的に結婚式の流れについては、挙式を執り行うスタッフやウエディングプランナーといった人から指示されるため、新郎新婦が必要以上に気を使う必要はありません。しかし、大切な誓いの儀式ですので、一般的な流れについて事前に確認しておくと良いでしょう。
指輪交換のイメージが一番強いのは西洋風に行う「教会式」でしょう。これらはチャペルなどによっても異なりますが、おおよそ「新郎入場」「新婦入場」「讃美歌斉唱」といった儀式の次に「誓いの言葉」を宣誓します。そして、その誓いを示すという意味合いによって「指輪の交換」が行われることが一般的です。指輪は式場のスタッフが運ぶことが多く、最初に新郎が受け取って新婦の指にはめ、次に新婦が受け取り新郎の指にはめるという手順になります。この時、緊張のあまりつける指を間違えてしまったり、疲労から指先がむくんでしまってうまくつけられなかったりします。しかし、多くの場合は最前列に着席していない限り、新郎新婦との距離がありますので、慌てることなく進行してしまっても大丈夫です。

神前式や人前式の場合は?

指輪の交換は、西洋の文化を取り入れたものです。このため「神前式を挙げたいけれど、指輪の交換はできないのは残念」と感じる人も少なくないでしょう。しかし、昨今の神前式では多くの場合、指輪の交換を取り入れることが可能です。よほど伝統的なしきたりにのっとらない限り、「指輪の交換をしてはいけない」という制約はないので、気兼ねなく式次第に入れて貰うことがおすすめです。順番は神社によっても異なりますが、三々九度(誓盃の儀)の後などに執り行われることが多くなっています。
人前式の場合は、「式に出席してくれた人に誓って式を挙げる」というスタイルですので、式次第も自由に検討することが可能です。指輪交換も気兼ねなく取り入れる人が多く見られます。この場合は「誓いの言葉を示す形」という意味合いを込めて、誓いの言葉や誓約書へのサインを行った後に行うことが一般的です。ただ、必ずしもそれにこだわる必要はないので、自由に自分たちの愛の形を表現しましょう。

結婚準備とはプロポーズから、婚姻届を提出するまでの期間の総称の事です。両親への挨拶、結納、新居の検討、結婚式など二人が結ばれて一緒に生活するまでの準備期間の事です。

© Copyright Wearer Is Married. All Rights Reserved.