婚約指輪と結婚指輪の違いについて

婚約指輪ってどんなもの?

結婚時に贈る愛の証である指輪には、婚約指輪と結婚指輪があります。結婚が決まり、いざ選ぶという時に、2つの指輪の意味や違いがわからないということもあるでしょう。それぞれをご紹介します。
婚約指輪は、結婚を約束した男性から女性へ贈る指輪で、エンゲージリングともいいます。結納品の一つとして贈られる場合や、プロポーズの時に渡す、プロポーズのあと女性の好みに合わすために二人で選んで購入する場合もあります。決まりはありませんので、誕生石や他の宝石を選ぶ人もいますが、定番はダイヤモンドです。
婚約指輪の平均金額は30~40万円と、結婚指輪よりも高価なものを選ぶのが一般的です。婚約指輪は日常的につけるものではなく、パーティーなどの華やかな場にはえるようなデザインを選びます。

結婚指輪ってどんなもの?

結婚指輪は、結婚を決めた男女が互いに贈りあうペアリングで、マリッジリングともいいます。
結婚式の時、二人の誓いの証として新郎新婦が交換する指輪です。夫婦となった後、左手薬指にはめて日常生活を過ごすので、シンプルなデザインのものが一般的です。
結婚指輪の平均金額は、1つ10~15万円、ペアで10~30万円程度で、宝石がついていない金やプラチナが多いです。
婚約指輪と結婚指輪のつけ方があります。
婚約指輪は、結婚式までは左手薬指にはめます。結婚式当日、婚約指輪を右手薬指にうつして、左手薬指をあけておきます。結婚式の指輪の交換で、結婚指輪を左手薬指にはめてもらってから、婚約指輪を右手から左手にうつして重ねてつけて、「結婚指輪は内側に、婚約指輪は外側」に重ねづけするのです。
結婚の仕方も多種多様になり、それぞれに歴史や意味、想いがあります。いつの時代においても、人の愛情や祝福の気持ちに変わりはありません。愛情たっぷりの、自分らしい素敵な指輪を選びたいですね。

ブライダルリングを賢く選ぶにあたり、ブランド名だけでなく、着け心地やデザイン性などに着目をすることがコツです。

© Copyright Wearer Is Married. All Rights Reserved.